報徳二宮神社の七五三

神社でのご祈願について

七五三とは

七五三の由来と今

七五三の由来

七五三参りは男子は5才(地域によっては3才も)、女の子は3才と7才にお参りして祝うのが一般的です。
古くは髪置(誕生後初めて髪を伸ばす儀式)、袴着(3才の時に男女共に初めて袴を着ける儀式)、帯直(女の子がはじめて帯をする儀式)など公家や武士の間で行われていた儀礼が庶民にも広まり、今日の七五三参りとして盛んになりました。

神さまの前でこれまでの成長への感謝の気持ちを捧げ、今後ますますの健やかなる成長を、家族みんなでお祈りいたしましょう。

在の七五三

本来、七五三の日は11月15日とされていますが、コロナウィルスなどもあり、現在では時期を限定せずお参りされる方も多くなりました。また当社でもご祈願に集中していただくために一度に行う組数を少なく制限しております。お子様のお誕生日やご家族様のお誕生日、記念日などとも兼ねて計画をたててご予約ください。

御祈願予約

事前申込を承ります

祈願概要
祈願予約 8月1日(木)11時より
事前予約優先制[ホームページより]
当日直接ご来社でも祈願は可能ですが、混雑時など長時間お待ちいただく場合がございます。
所用時間 約30分(殿内での祈祷20分)
本殿までの移動や祈願後の境内での写真撮影なども含め、約1時間程度の計画をおすすめします。
玉串料
初穂料
5千円以上

 【お問合せ手順】
 ①LINEお友だち登録 https://lin.ee/zBSzOUo
 ご質問に関しては3~4営業日以内にLINEにてご返信させて頂きます。  

 

ページトップ