一番感謝を伝えたい家族へ 離れていてもつながる一日

久しぶりに家族みんなが集まれた貴重な空間。
家族だけで過ごすからこそ、おふたりらしい飾らない結婚式となりました。

【挙式時期】4月
【人  数】挙式・会食 10名
【利用会場】彩葉

報徳二宮神社 報徳会館を選んだ理由は?

①招待する家族が安心できるような、しっかりとした設備があること
②しっかりとした頼もしいスタッフ
③境内や城内に自然が多く、落ち着く環境
④街の喧騒から程よく離れていること

コロナ禍での結婚式の中で工夫したところ

友人たちには故実個別でお祝いをしてもらう形をとり、家族だけで開催をしたことです。
来日できなかった海外在住の新郎姉と当日はZOOMでつなぎ、参進・神前式から披露宴まで参加。
「こんなにしっかりと参加できると思わなかったから嬉しかった」ととても喜んでもらえました。

 
 
 

結婚式を挙げてよかったことは?

家族だけでの少人数な式という形で開催する決断をしたため、一番御礼を伝えたい家族にしっかりと喜んでもらうことができました。
 
 

参列されたゲストや親族からの感想は?

「きちんとした神社で緑も多く綺麗」
「案内していただいたスタッフが丁寧で親切」
「料理が美味しかった。特に魚は新鮮!」
「駅からのアクセスもよく便利」
など、たくさんの嬉しい感想をもらえました。
 
 

これから結婚式を挙げる方、結婚式を挙げるべきか迷っている方へ

コロナ禍で大人数が一同に集まることが難しくなっていますが、それを理由に結婚式を行わない、または延期を続けるというのは二人にとってもその家族にとってもよくないのかなと感じました。日頃お世話になっている方々に対する御礼のしかたはいろいろな形があると思うので、それを二人で模索し考えていくのも新しい結婚式の形だと思います。
 
 
 
 
 
 

ページトップ